Natural Born EZOist

チャリとオヤジと時々目玉

ポジティブの理由

「さよならは別れの言葉じゃなくて、再び逢うまでの遠い約束」

世代のバレるフレーズだが、決して色褪せない言葉の力を感じる

T橋さんのお見送りライドに行ったお話である

徐々に集まるメンバー、この後帰宅困難者が出る・・・

本日のメンバー

・T橋さん

 4月をもって蝦夷を離れ石川県の赴任を命ぜられる

 「自走で行くんですよね?」という無茶なボケに丁寧にツッこんでくれるお人よし

・ダーハラ氏

 みんな大好き坂フェスオーガナイザー

 盟友T橋さんを送るライドで涙が止まらないのだが、やはり登りたい

・YamaichiマスターS藤氏

 既にカフェはオープンし、営業日ではあるが「T橋さんのお見送りライド」という大義を掲げ参戦、奥様も快諾、T橋さんのお人柄が垣間見える瞬間である

 眠気防止の為にやまたけを助手席にお迎え頂いたので、可能な限りしゃべり続けようと決意

・N西氏

 憶測の域を出ないが親か親戚を坂にヤられたらしく、強い恨みを坂にぶつけるDOGMA乗り

・ペンギンさん

 札幌のサイクルショップ勤務の彼女

 N西氏と同じく坂嫌い、斜度1%以下でも指摘できる素晴らしい体内水平器を搭載

・M本氏

 とりあえず何処でも自走で集合場所に向かうというクセを持つ剛脚

 今回、留萌方面予定であったのが天候の都合から帯広に変わったのを告知していなかったら、天候に関わらず自走で留萌に向かってたであろう

・AIちゃん

 イニシャルからの「アントニオ猪木」では無い

 Yamaichiさんに訪れた際に「自転車好き」を伝えてしまい、奥座敷に通されたという都市伝説

 本人はノーマルと申告しているが、十勝岳に興味を持つ時点で既に末期の酸素欠乏症患者である

・サガラン

 帯広界隈をホームとしているナイスガイ

 冬の糠平湖でカフェもやっている

kamishihoro.info

 ピンクのジャージをさらりと着れるのは自信の表れである

 

 

集合場所は十勝ネイチャーセンター

「姉ちゃんぢゃなくてオバちゃんがいたのぜ」という

昨今は間違いなく問題発言となり、炎上するであろう発言をしながらも

平然とトイレを借りるやまたけ

 

先ずは集合場所写真を撮りましょう

という流れになり、全員で撮影スポットへ

、、、、、どう撮るよ?

新感覚スマホホルダー

T橋さんの勘が冴えわたる!

しかし、その直後

「この自転車をどう固定する?」問題発生

そこでAIちゃんの女子力発動!

「クルマにスマホ用の三脚あります!」

普通無いと思うが、ソレが女子力というモノなのか?

素晴らしい

意気込み充分!

さぁ、参ろうぞ!

風が、、、、強、、、、

最初のチェックポイントは愛国駅

8割がおっさんという団体で愛国駅

しかも全員満面の笑みを浮かべているという恐怖しか感じない絵面である

おっさんの群れ

現在は廃線となってしまった駅、名残りを楽しむのだが

こんな噴水があったり

なんだよ、ラブリーが過ぎるな

SLが置いてあったり

素敵やん♪

会社をクビになったと家族に言えないサイクリスト

切実やん(嘘

N西氏は被写体として秀逸な「ネタ感」を持ち合わせていると思う

後ろのT橋さんもナイスな見切りを持っている

当初は4~5人予定だったのだが
これが人柄か・・・

十勝の強風にヤられながらも次なる目的地へ!

チャリの群れを撮るT橋さんを撮る

地味なスポットかも知れないが、大正駅である

愛国から幸福まで
この大正駅でしか見られない表記である

内緒だが、T橋さん

ココで地味な落車をして

Rrディレイラーに若干ダメージを負ったとか負わなかったとか

ケガが無くて本当に良かった

押すなよ、絶対に押すなよ

近くには湧き水がある

ダーハラ氏曰く、「天然のタピオカがある」

多分、それは動物性タンパク質溢れる「タピオカに似たヤーツ」である

N西氏ならきっとダイブを決めてくれるのでは?と期待したが

やはり大人の集まりなので事無き

ピンクを着こなす男

戦隊モノを観て育った私としては

ピンクは女性の象徴であったのだが、昨今は潮目が変わってきているのか

サガランは誠にキレイにピンクを着こなす

おっさん’s LOVE

見るに堪えない

しかし、幸福駅に来ちゃったらこうなってしまうのは自然の摂理

目玉を探せ

土産物屋の中に何かしらの撮影アイテムハケーン

T橋駅長とくっきーやまたけ

こういった観光地の備え付けの衣装や帽子の類は

思い出作りの視点でいえば「絶対にDoしてみるべき」である

顔ハメとディープな接吻をカマすN西氏・・・シュール

要は「使えるモノは全力でネタにする」という精神である

顔ハメをこう使う男を初めて見た

一見で「ココ行こうぜ」とはならない

さぁ、昼飯だ!

とN西氏チョイスのお店・・・・渋さが過ぎるのぜ・・・

と、ここでM本氏が離脱

まさかの来る途中でクルマの警告灯が点灯したとの事

自走で帰るという事にならなければ良いのだが・・・

やっぱりこうなるでしょ?

やはり豚丼は外せない

大変美味しく頂いたのだが、

向かい風が強かったので「カロリーゼロ」である

お店に罪は無い

いや、吞みませんよw

帯広畜産大学の敷地にできた酒蔵、碧雲蔵!

kamikawa-taisetsu.co.jp

上川町にある酒蔵、緑丘蔵の流れを汲むプロジェクトである

kamikawa-taisetsu.co.jp

酒好きの私としては応援したい

以前も紹介はしたが、この「神川」という日本酒、間違いのない旨さである

ezotional.com

お見送りライドも大詰め!最後の最後にサガランからの粋なプレゼント

「平坦ばかりで申し訳ない、ヒルクライムですよ」

・・・なんて恐ろしい子!?

十勝川温泉郷を見下ろせる展望台までのヒルクライムをデザートにするとは・・・

登り切った感しかない

なんやかんや、最終的には登るのね・・・

温泉入らにゃ・・・

〆は温泉!魂抜ける~~~

家族(奥様)への貢物

S藤氏に懇願してお土産(献上品)の購入

このクランベリーのスィートポテトは秀逸である

www.cranberry.jp

間違いない、絶対旨い

 

かくしてT橋さんは蝦夷地を後にした

冒頭にも述べたがこれは別れではない

これを機に石川県に行く「免罪符」が発行されたといっても過言では無いのだ

 

自転車乗りはポジティブが過ぎる

それはきっと「進まないと倒れる」という乗り物だからなのだろう

知らんけど

 

To be continued

 

PS

M本氏、クルマは途中で完全にアウトになってしまい

レッカーでの帰宅となってしまった・・・