Natural Born EZOist

チャリとオヤジと時々目玉

二次会

2022/07/03

旭ヶ丘ヒルクライムアタック2022は皆の汗と涙と鼻水と

口の中一杯に広がる釘の味の風味を残し大成功に終わった

「楽しかった!」「今度一緒に走りましょう!」

「帰り道、気を付けてね!」「また来年!」

そんな言葉が駐車場にこだまする

 

そんな中、明らかに不穏な動きを見せる数名のサイクリスト達

俺(私)達の旭ヶ丘はまだ終わってないのぜ

そう、このお話は旭ヶ丘ヒルクライムアタックをきっかけとして

サイクリストとしてのシンパシーに互いに引かれ合ってしまった

頭のネジが抜け落ち、もはやそのネジ穴すら無くなったサイクリスト達の

愉快痛快な二次会のお話である

ロケッティアN島氏は長い取材を受けていた

二次会のメンツ

・I林姉さん

 2022大会を割烹着という新たなサイクリングスタイルで勝ち取った高速オカン

 整備、メンテナンスもかなりマニアックな所まで熟す

・AIちゃん

 札幌より参戦、I林姉さんの口車に見事乗せられ参戦

 今大会でゴール直前にジュニア選手に抜かれ、闘争本能のスイッチが入った

・A田アニキ

 バンドマンのアニキ、昨夜はライブだったけど

 この大会の為に打ち上げも早々に切り上げてきたとの事

・T田氏

 YONEX乗りなのだが自動車も相当なヲタクレベル

 凄まじい車歴は聞いているだけで半笑いになってしまう

・S田さん

 AIちゃんのチャリ仲間

 Jeepのリヤハッチにキャリアを付けてワイルド全開、好き、そぉいうの

・ぬこ所長

 伝説のウーバーイーツ配達員(仮)

 ママチャリであの走り、ロード乗ったらヤバい人

・N島氏

 ロケッティアN島氏、真っ黒なコーディネイトで太陽光線を全回収

 レース後の取材が超絶長くなり、ジェラートを食べ損ねる

・M田クン

 Rolling Hills Cycrist のメンバーで札幌より参戦

 珍しい特別仕様車の5人乗りのノアが本当に羨ましい

 

二次会会場はみんな大好き

三国峠

しかし、こちらから登ると最後に狭いトンネルとなる

なので一旦ピークを通り過ぎて上士幌にある駐車場にクルマを停め

そこから登り、ピークにあるカフェでカレーを食うというプラン

駐車場はココ、トイレや自販機も完備

ただ、ココ

上川町からやや1時間かかる

ネット通信はもちろん、ラジオも入らない

正直、眠い・・・ZZZZzzzzっはっ!!?てなる

眠気と戦い駐車場に到着

気温は33度とか、意味わかんない状態になっていた

 

さぁ!行こうぜ!

カレー食いに!

自転車乗らない人から見て

「きっと地獄とはこういう所なんだ」と思われたとしても致し方ない

ナイス天気!エゾいぜぇ!!

この駐車場から登ると割とすぐにヒルクライムが始まる

世にいう「コスパの良いコース」である

サンドイッチマン推しなやまたけ

スタート直後からN島氏とM田クンがグイグイ先行

なんとか同行しようと頑張ってみるが、釘の味が止まらない

ジリジリと引き離される

N島氏とM田クンがゴマ粒のようになっていく

もうこうなってしまっては一人旅を決め込むしかない

それにしても暑い

日焼け止めを塗ったが、腕がジリジリ暑い

うげっ!?あそこまで昇るのかっ!?

中盤に差し掛かるとゴール付近の橋が見える

一番最初に走った時は、全く違う道路だと認識していたが

大きく左に曲がり、反時計回りに回り込んであの橋を渡るのだ

「あそこまで昇るのか・・・」心を平穏に保つのが難しい時間である

ただこのルート、劇的な斜度ではなくMAXで恐らく5%前後である

端的に言えば20kmの我慢で確実に絶景が拝めるルートである

 

STRAVAにもセグメントが存在するが、アタックする際はゴールに注意しよう

トンネル側の入り口まで走り抜けるべし

展望台駐車場が見えて手前から入ってしまうと、カウントされない恐れがあるらしい

トンネル側の入り口まで駆け抜けてフィニッシュしよう

もちろん、STRAVA知らねぇしとか、セグメント?旨いのソレ?という人はお好きにどうぞである

最高の天気!エッゾ!なまらエッゾ!!

カフェは結構混みあっており、全員が一度に入るのは難しそう

到着した順番に店内に入り食事にする事にした

 

カツカレー、無論カロリーはゼロである

今日は何喰ってもゼロキロカロリーだ!と浮かれていたら、

「流石にそのカツカレーはゼロキロカロリーぢゃねぇわ」とA田アニキにツっこまれた

本当に旨い、最高だ

 

会計時に店員さんに「今日はどこからですか?」と聞かれ

「上川町でヒルクライムの大会があって、参加してから

上士幌まで車で走ってそこから登ってきました!まぁ、二次会です!」

と、ありのままを伝えると

「マジで頭沸いてるんか?コイツら」という眼差しで

「は、はぁ・・・す、凄いですねぇ・・・」と力無く笑っていた

 

常人の理解を越えたのは確かっぽい

 

皆で記念写真!!N島氏!見切れてる!!

下りは任せておけ!

わがままBODYが火を噴く!一気に下る、誰も追いつけない

本当に下りはあっちゅう間である

儚い

 

二次会も無事終了、さぁ、帰ろう!

家に着くまでがライドイベントですょ

眠気が止まらない

対向車からどう見えようと構わない

車内一人カラオケ大会でなんとか帰宅

登らさったねぇ~、登らさったよぉ~♪

大体何だよ、二次会って!大会で出し切ってないんだろ?

それは違う

誰かと共に走る、同じ目的の為に走る

そんな時に人はもっと強くなれる

更に絞り出すエネルギーが湧いてくるモノなのだょ

 

知らんけど

.来年の二次会、参加者は常に募集中である